2006年 06月 28日 ( 2 )

ダウン イン ザ バレー DOWN IN THE VALLEY

エヴァン レイチェルウッド、エドワード ノートン(2005年)

いやぁ良かったです。全体的な雰囲気も音楽も話も。

時の流れがゆっくりで忙しい映画じゃないし、エヴァン演じるトーブの気持ちは分かるな。なんか。ハーレンは妄想壁があるのか分からないけど、そんな感じの人だった。ある意味幸せなある意味悲しい人なのか。

この人が自分の人生変えてくれるって結構思っちゃうんですよね・・・。でもこれだけは譲れない何かをもってないと駄目ですね。

エヴァン レイチェルウッドは子役の頃からかなり注目してた俳優さんなんですが、いやぁ本当美人ですね。美しすぎる。「ママが泣いた日」も早く観に行こう!

このサントラ聞きたいな。

c0000918_21571670.jpg
[PR]
by nature_masu | 2006-06-28 21:35 | 映画(た行)

ウルトラバイオレット ULTRAVIOLET

ミラ ジョヴォヴィッチ、ウィリアム フィクトナー(2006年)

これ、私の趣味で観に行ったんじゃないですぅーーみたいな。
おかんが行こう行こうって行ったからですー。って言い訳したいくらい本当に面白くなかった。・・・・お金もったいな・・・・

やっぱり自分の勘って結構当たるんだな。勉強になりましたわ。

内容は面白くないとして、ミラの体がすごかった!腹筋!すごいわ~まじで。
そして何か久々に見たウィリアム フィクトナー(発音はあってるのか?)結構この俳優さん好きで、名前は覚えてたけど顔を忘れてたので出てきたときはちょっとトキメキました。

調べた所「クラッシュ」にも出てるみたい。これは公開中に観に行くの逃したから早くみたいな。

ミラって言えばやっぱり「フィフスエレメント」の印象が強い。あれは何回見ても面白いからな。

私的にはこの映画はオススメ致しません。

c0000918_21335551.jpg
[PR]
by nature_masu | 2006-06-28 21:27 | 映画(あ行)