急ですが

一身上の都合により、ブログを少しお休みしたいと思います。

今までもあまり更新してなかったんですが、色々ありまして精神的にしんどいです。

自分が情けなく、反省したい分も多々あります。

頂いたTB & コメント少しずつ返していきたいと思っています。もう少しお待ち下さい!

本当自分が情けなくて、ちょっとはがゆいです。

またすぐ戻ってまいります。
[PR]
# by nature_masu | 2006-02-14 09:07 |

チャーリーとチョコレート工場 CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY

ジョニー デップ、フレディ ハイモア(2005年)

c0000918_17245426.jpg
何かまさにティム バートンの世界という感じでした。

特によかったのはやっぱりウィリー ウォンカ。表情とかも面白いし、自分で言ったギャクにうけてたし、最後も意外な展開でした。

あとはチャーリーの家族も結構よかった。息子想いの父母や母方、父方どっちかは はっきり区別できなかったけど、おじいちゃん、おばあちゃん達もよかった。何で一緒のベッドなんだろうか。しかもあれが食卓になってなかったけ??見間違いだったかな。

でもあのカラフルな色調や設定はティム バートン監督の独特な様な物がした。

DVDで観たせいか、途中で1回寝てしまいました。ごめんねチャーリー&ウィリー ウォンカ

しかしあんな役を普通にこなすジョニー デップが凄い。だって蒼白にサラサラヘアーの前髪短いし、あんなゴシック調なステージの垂れ幕みたいな衣裳がうけた。
[PR]
# by nature_masu | 2006-02-13 17:12 | 映画(た行)

皇帝ペンギン LA MARCHE DE L'EMPEREUR

皇帝ペンギンの話(2005年)

c0000918_172504.jpg
いやーこれも公開時に行こうと思ってたんですが、逃してしまって結局見に行けなかった作品です。

以前「DEEP BLUE」を見たときにペンギンのシーンがあったのですが、それを見て以来異常にペンギンに興味を持ってしまいました。まぁ特に調べたとかそういう事はしてないですけど。

ちょっとこういう作品って眠くなってしまうんですが、やっぱり何回も寝てしまいました。
ただ意外にペンギンってなんか人間っぽいなぁと感じました。

マイナス40℃のブリザートに全員で耐えるシーンは言葉が出ません。

なんか吹替えで見た方がいいという声があるみたいですけど、字幕で見ちゃいましたよぉ!
[PR]
# by nature_masu | 2006-02-13 17:02 | 映画(か行)

運命の女 UNFAITHFUL

ダイアン レイン(2002年)

c0000918_16542334.jpg
衛星放送のアクターズ・スタジオ・インタビューを大体毎回チェックしてるんですが(って言っても相当前のやつ)今回は好きなダイアン レインが出演してて、この作品の話をしていたので借りてみました。

よくある情事ものですが、ジェームスだったけか?あの司会者の男の人・・が「運命の女」での彼女の演技を褒めていたので借りてみました。

言ってたように、あの電車でのシーンは特によかったと思います。今迄のイメージが覆されたような。

新しくレンタルされてる「理想の恋人.com」も借りてみよう!
[PR]
# by nature_masu | 2006-02-13 16:23 | 映画(あ行)

星になった少年 Shining Boy & Little Randy 

柳楽優弥、常盤貴子(2005年)

c0000918_16213229.jpg
DVDを待ってました。
普通に感動しました。特に祖母役の賠償美津子がすごく好演だったと思います。

柳楽君は「誰も知らない」よりもかなり背も伸びて成長してましたね。

たまに笑いもあり、特に哲夢がトラックにひかれた時、ランディやミッキーを含め象達が叫んでいた時には一番泣いてしまいました。

人が亡くなってから気づく事って本当によくあります。本当に。

ポーが小象に「テツ」と名づけていたのもよかったですね。
[PR]
# by nature_masu | 2006-02-13 09:45 | 映画(は行)

ピアノの森 一色まこと

活字の本を同僚から2冊借りているのですが、全く読む気がないんですよね。最近やる気無し子なんで。。で、今はまっているのがこちらの漫画

c0000918_14141259.jpg

この本を知ったのは「おしゃれイズム」という番組のゲストで高田純次がこれを絶賛していて泣ける話という事だったので、ピアノだし面白そうだから1巻だけ買ってみよう。というノリでした。

1巻だけ買って「なんか540円もするのに話の展開があまりないし、絵が大きくてページ数とってるよ!」という印象だったので、2巻以降買っていませんでしたが、先月ふと思い出し、ぼちぼち冊数を増やして6巻まで買っちゃいました。

大まかなストーリーは、壊れている森のピアノを弾く少年、海(カイ)が音楽教師と出会いピアノの道に進んでいくお話し。

6巻ぐらいてやっと面白くなってきました!現在11巻まで出ているみたいです。
[PR]
# by nature_masu | 2006-02-06 14:18 | TV・音楽・本

土曜日に降った雪

c0000918_1411570.jpg


最近寒さが戻ってきて、外出する気がなくなるような天気ですが、土曜日の朝起きたらこんなに雪が積もってました。もちろん昼はいいお天気だったのですぐ溶けましたが~


昨日の日曜日は免許更新に行ってきました。初回講習だったので2時間という長~い長い時間を睡魔と闘い、無事に更新する事ができました。次の3年後も無事故無違反・・を目指したいと思います。よくスピード出し過ぎるので気をつけないと。


ところでプールですが、1月に4回行ったきり行ってません。先週の金曜日に行くつもりだったんですが寒さに負けてしまいました。情けないので今日は行きます。ここで宣言した以上行かなくては・・・。久々のクラスです。はぁ不安不安不安 FAN FAN FAN??・・・(笑)
[PR]
# by nature_masu | 2006-02-06 14:00 |

吉井和哉 TOUR 2006 ~MY FOOLISH HEART~

に土曜日、福岡Zeppに行ってきました!

夏に行く予定だった友達が、必死に取ってくれてチケット代は定価よりも値上がりしたんですが、今回は無事に行く事ができました。

Cブロックだったので割と近い方と思ったんですが、Zeppで吉井さんを見れる機会はそうないだろうと思い、身長が低い私はブーツはいて頑張って行きました。

実際見て、もう格好いいのは当たり前なんですが、独特のオーラがあって、歌う最中にはにかむ姿が可愛かったです。

今回は最初の「at the BLACK HOLE」の曲も沢山歌っていました。

なんか40歳でも自分が思った事や、新しい事に挑戦する姿を見て 普通に応援したくなりましたよ。

お客さんは男性、女性が半々くらいで驚いた事に親子(母と息子)で来てる人も多くて、「やっぱり吉井さんは色んな人に愛されてるんだな~母親と息子でも来させるような音楽作る吉井さんは最高だぁぁ」とまた都合にいいように解釈してしまいました。

あまりにも良かったので当初は買わない予定だったツアーグッズ(タオルとツアーパンフレットカレンダー?)買っちゃいました。
[PR]
# by nature_masu | 2006-02-06 09:55 | TV・音楽・本

フライトプラン FLIGHTPLAN

ジョディ フォスター、ショーン ビーン(2005年)

母は強し

ジョディ フォスターの娘の為なら危険など省みない姿に圧倒されました。彼女の演技力っていうか顔の表情や目頭、シワ(失礼)まで緊迫感が伝わってきて、やっぱり役者だなぁ。と。
途中貨物室に入ってジュリアを探すシーンなんか一瞬ホラーに見えるくらいすごかったし。

彼女の演技とは裏腹に最後のオチ?〆が悪くて、犯人が分かるまではおもしろかったのに・・・残念!

あと自分なら前や横や近くの乗客は確認するっていうか自然に目に入る気がするけどなぁと思いました。と航空保安官と名乗るなら最初からID見せないよ。

最後まで謎が多かった映画でした。

c0000918_14454870.jpg
[PR]
# by nature_masu | 2006-02-02 14:22 | 映画(は行)

ハイド アンド シーク 暗闇のかくれんぼ HIDE AND SEEK

ロバート デ ニーロ、 ダコタ ファニング(2005年)

c0000918_14211830.jpg
可愛い可愛いダコタちゃんの作品

サスペンス系は好きだけど、ちょっとホラーなわけ?みたいなサスペンスは不得意なのでDVDまで待ってました。

ですが、もうね、すぐ犯人分かちゃって楽しめませんでした。最近こういう系の作品が多いような気がしますが。あと一番怖かったのがエイミーがお父さんに「チャーリーチャーリーチャーリー」って連呼する所。怖かった・・・

やっぱりダコタちゃんはブロンドが似合ってて、デ ニーロが父親の設定は無理があって、ファムケ ヤンセンはいつみても綺麗だな という印象でした。
[PR]
# by nature_masu | 2006-02-02 14:17 | 映画(は行)