阿蘇

相変わらず不安定な生活してますが、家からも近い阿蘇によく出没してます。

やっぱり自然はいいなぁとつくづく思います。私が元気になれる場所。海も好きだけどやっぱり山が好きなかな。草のにおいとか変に心地よくなったりするし。

毎日気分の浮き沈みが激しく周りのみんなに迷惑かけっぱなし!の状態です。まだしばらく色んな面で迷惑かけると思いますが、自分を抑えずやっていこうと思います。

阿蘇の米塚。

c0000918_19213373.jpg


今度はどこか登山にでも行こうと考えています。
[PR]
# by nature_masu | 2006-06-08 17:18 |

ナイロビの蜂 THE CONSTANT GARDENER

レイチェル ワイズ、レイフ ファインズ(2005年)

実は私、レイチェル ワイズを影ながら応援していて、出演作品は殆ど観ましたが、彼女の目が大好きなんですね。アメリカでは公開されてましたが、日本に来るのが遅いよ!といつもの様に愚痴りながら公開されるのを楽しみにしていました。

実はあまりの内容の濃さ、深さに驚きました。館内で座った席(もちろん指定)があまりにも画面と近すぎたせいもあるのか、見入ってしまったし、逆に後ろの方の席に移動したい・・・みたいなちょっと恥ずべき気持ちもありました。

チラシや雑誌などで紹介されていたのを事前にくまなく読んでいたけど、普通の純愛の映画かと勘違いしていて、頭を一発ガーーーンと殴られたような感じ。

テッサ演じるレイチェル ワイズもジャスティン演じるレイフ ファインズもすごく強烈な演技力でした。彼なの演技、アフリカの地、現地の人々、子供達、劇中に流れる音楽もすごかった・・・

普段私達が忘れて考えていないことを、テッサはずんずんと周りを気にする事なく行動するし、すごいなぁと思った。そんなテッサをジャスティンも愛したんだと思う。

しかし製薬会社のひどすぎること。恐ろしすぎる・・人体実験なんて

感じた事はあまりかけなかったけど、この映画観てよかったです。観るべきでした。

c0000918_1812428.jpg
[PR]
# by nature_masu | 2006-05-28 23:03 | 映画(な行)

ロミオとジュリエット ROMEO AND JULIET

オリヴィア ハッセイ、レナード ホワイティング(1968年)
c0000918_22515524.jpg

ディカプリオ+クレア デインズの方は観た事あったんだけど、昔の有名な方はなくって借りてみました。

これは原作を読んでみたくなりました。ディカプリオの方は映像や音楽や2人が美しかったけど、こっちはやっぱり・・・

今度本で観たいと思います。しかしオリヴィア ハッセイってすっごく可愛かったんですね。
[PR]
# by nature_masu | 2006-05-28 22:22 | 映画(ら行)

17歳のカルテ GIRL, INTERRUPTED

ウィノナ ライダー、アンジェリーナ ジョリー(1999年)
c0000918_2155965.jpg

今だから見るのか、昔この作品がビデオ化される時に一度観たんだけど、どうしても目を覆いたくなるシーンがあったので、この映画はかなり敬遠してました。

だけど「Inside the Actors Studio」でリプトンがリサの事を人間として美しいと言っていたのを思い出して借りてみました。

何か自分の状況はスザンナに少し似てるような気がした。空虚感というか・・色々。何が正しくて何が悪いのか、こうじゃない、これは駄目な事だ。と思うと精神的に不安定になったり、今自分がいる場所はここでいいんだろうか、何が自分に合ってるんだろうかとか。

だからリサみたいな自由な人にスザンナは憧れると思う。リサは自由だし、リプトンの言うように人間として美しいし、人間としてちゃんと生きてると思う。

自分は色んな事を考えすぎるんだろうか。リサを見てるとそう思う。


映画に関して言えば、みんな演技がいいなぁと思った。役者だから当たり前かもしれないが、何か彼女達一人一人に惹かれた。看護士の人たちも先生達も。

もう1回観よう。「恋のダウンタウン」がすごく映画に合ってた。


c0000918_22143130.jpg
[PR]
# by nature_masu | 2006-05-28 21:47 | 映画(さ行)

V フォー ヴェンデッタ V FOR VENDETTA

ナタリー ポートマン、ヒューゴ ビーイング(2005年)

Remember Remember, the fifth of November

いやぁ。ナタリー ポートマンが大ファンなのでこの作品だけは映画館に観に行こうと決めていました。何があっても・・・

実際拍手物でした。あのラストシーンの議事堂の爆破のところで感極まって一人で立って拍手したいくらいありましたもん。

まず扱ってる内容が良かったです。政治的題材を使ってるし、なんか変にリアルで近い未来に起こりそうな出来事だったし、イギリスを主にもってきる所も変に共感持てた。
あと「V」を何かの象徴をいうかそれに向けて一緒に何かを変えるみたいな所もすごく私は純粋に惹かれたな。あとイーヴィーが成長していく姿、Vによって彼女も一人の人間として変わって芯の強い、揺ぎ無い精神を持った人間になったところもすごく憧れました。

文学的、芸術的要素がすごく高かったし、アクションもさながら、あの地下鉄でクリィーディーを殺す所のVの台詞「my turn」っていうところもかっちょえー、みたいな。

あとはチャイコフスキーの1812の祝曲序曲ですね。イーヴィーがいうように正にVの曲の様でした。特に最後の爆発の盛り上がりのところは自身鳥肌が強烈にたったし、映画と音楽は切り離せないな!と再確認された映画でもあったと思います。あぁやっぱクラシックていいな本当。

ストーリーの展開、アクション、音楽、結末、全ての要素がうまくまとまっていた最近では珍しく面白い映画に出会えたと思いました。

c0000918_21414441.jpg
[PR]
# by nature_masu | 2006-05-27 12:58 | 映画(は行)

ウォーク ザ ライン 君につづく道 WALK THE LINE

ホアキン フィニックス、リース ウィザースプーン(2005年)


昨日、うっぷん晴らすために久方ぶりにツタヤ行ったんですよ。そしたら丁度公開中に観にいくの逃した「WALK THE LINE」がレンタル開始日じゃないですか。これは必然だと思い借りました。

内容はブログ仲間のamicaちゃんから聞いていたんだけど、いやぁ良かった。

2人は歌がうまい!特にリース。本当に歌っちゃってるからすごいよなぁ。しかも彼女の大きい目がいつも以上にくりくりしてていろんな表情が観れた。
ホアキンも彼らしい苦悩する主人公をきちんと演じていたと思う。というかカッコいい!みたいな。なんかミーハーになってしもた。ブロンドじゃないし、体格いいし私の好みじゃなぁい!みたいな。

洋服なんかもすごく可愛いし、リースの魅力たっぷりの映画だったと思います。

ジョニー キャッシュもジューン カーターも聞いたことない(ジョニー キャッシュなんて吉井さんのHP上で知ったぞ)人物だったけど、観てよかったなぁと思います。これからもリースとホアキンの事を応援したくなるような映画だった。

c0000918_12462999.jpg
[PR]
# by nature_masu | 2006-05-27 12:39 | 映画(あ行)

やっと家に・・・

ネットがつながりました・・・あぁこの日を待ち望んでたぞ。

実は私引越しして以来、今月か寂しさと就職しなければならない!という脅迫みたいな焦りと色んな気持ちから、ノイローゼに近いものになってしまいました。

働くにしても何がしたいか分からない。本当に自分がしたいことは何だろう。てか私はどんな人間だ?何が合ってるんだろうと変なことまで考えたり。皆さん考えたことありませんか?

強い頭痛は毎日あるし、食欲はあまりないし、吐き気がするし、自分の言った事、した事すべてに後悔してしまうんですよね。それで自己嫌悪に陥り、また頭痛、吐き気と繰り返しです。

これはやばいと思い、何かバイトをする事に決めました。

何もしてなくて、家に一人、する事がないし、すがる物がない。これじゃぁ駄目だなと思います。

ネットもできるようになった事だし、またちょこちょこ更新して元通りになればいいなぁと思ってます!

頑張れオイラ
[PR]
# by nature_masu | 2006-05-27 10:20 |

大変 大変

お久しぶりでございます・・ネット生活から遠のいて約1ヶ月が過ぎました。

実は家自体を引っ越しまして、仕事も急に辞める事になり、やっと新しい土地に慣れてきた所です。まだまだ寂しくてしょうがないですけど大分慣れました。

家にネットつなげてないし、今初ネカフェにいます。

まだ仕事も決まってないのでヤバイです。プー太郎です。早く就職しないと。

映画もボチボチ見てるので落ち着いたらまた更新したいと思ってます。
[PR]
# by nature_masu | 2006-05-08 15:04 |

終わりで始まりの4日間 GARDEN STATE

ザック ブラフ、ナタリー ポートマン(2004年)

c0000918_11113637.jpg
で何でまた変な邦題つけてんの。ナタリーの出演作品なので前から楽しみにしてました。やっと借りれたよぉ!

ナタリー演じるサム(ってサマンサのあだ名なんだね)がすごく可愛かった。ちょっと自分にも似てる所あるなと思った。
それと別にナタリーってあぁいう女の子の役って凄くハマってると思う。クローサーの時もまぁよかったけど、他の子とは違った自分を持ってる女の子の役が合うなぁと。

ま、私が自分を持ってるってわけじゃないですけど。

ちょっとハリウッドに有りがちなラブコメじゃなくて落ちついた雰囲気の映画だった。だからギャクに入り込めた。

あ、そうそうアンドリューとサムの合図でサムが耳を触るシーンが何回かあったけど結構面白かった。タイミングとか。そう考えてみると落着いた映画だったけど笑えるシーンはいっぱいあったな。

アンドリューの父親役でイアン ホルムが出てきた時は思わず「ビルボーー!」と叫んでしまいました。

c0000918_1195252.jpg
[PR]
# by nature_masu | 2006-03-31 10:05 | 映画(あ行)

血と骨

ビートたけし、鈴木京香(2004年)

c0000918_14565389.jpg
今年の日本アカデミー賞でオダギリジョー(またかい!)が出てて去年「血と骨」という作品で助演男優賞を獲ったという事を知ったので借りてみました・・が

苦手です。苦手というか嫌いです。もう観たくないし内容で言えば良さが全く分かりません。
ただキャストが豪華だし、演技は凄くひきつけられました・・・本当に役者だなぁ・・ってある意味。

しかしもう二度と観ません。人間がひどすぎます。

でもオダギリジョーの演技は一番光ってたなぁ~って贔屓かな
[PR]
# by nature_masu | 2006-03-23 14:54 | 映画(た行)