<   2005年 02月 ( 44 )   > この月の画像一覧

マイティ ジョー MIGHTY JOE YOUNG

大好きなシャーリーズ セロン主演作品(1998年)


もうねーこれは私はかなり泣きました。動物物はかなり弱いです。
予告編でウルっときましたからねー
ジル演じるシャーリーズ セロン&ジョーの表情がたまりません。
ジルはジョーなしでは生きられないし、ジョーも同じだと思います。

これがシャーリーズ セロンの初主演作品ですが、彼女の魅力がたっぷりです。
延び延びとした役、彼女に似合ってるし私は大好きです。

ピュアな心を思い出させてくれる作品です。
こういう色んな意味で自然系の作品いいですね~私はよく見てますよ~

c0000918_13375898.jpg
[PR]
by nature_masu | 2005-02-28 13:38 | 映画(ま行)

3年B組 金八先生

しゅう がやばいよ。どうなっちゃうのかな?顔の表情がかなり物悲しく
こっちまで涙出てきそうな感じ。

もう禁断症状が昨日の放送ではすごかった!
やっとお母さんの問題が片付いたのに、今度は自身の問題

毎回毎回この金八先生で取り上げられる問題は深刻化していってる。
みんなに見て欲しい番組の一つですね
[PR]
by nature_masu | 2005-02-26 10:25 | TV・音楽・本

キューティ ブロンド LEGALLY BLONDE

リース ウィザースプーン主演の痛快コメディ(2001年)



かなりいいですこの映画。最初はちょっとバカっぽい映画なのかなと思ってたけど、
全然違った。
目標に向かって頑張ろうとする主人公エル!
他人に馬鹿にされようが、どう見られようが自分の道を突き進む姿
かなり見てて気持ちいです。自分と比較したら雲泥の差ですね。
しかもエル演じるリースがすごく可愛いです。ピンクがかなり似合ってます。

刑務所でブルック テイラーと電話で話すシーンとか個人的に好きなシーンが
たくさんあります。
こういうのは私は何度も見直してしまいます。

ちなみにこの映画は続編が出てますが、私は最初のこの作品の方が好きです。

c0000918_16351030.jpg
[PR]
by nature_masu | 2005-02-25 16:29 | 映画(か行)

ブロンドライフ Life or Something Like it

アンジェリーナ ジョリー主演作品(2002年)


アンジェリーナ ジョリーが今迄とはかなり違った役を演じてる

この作品でアンジェリーナはラジー賞を取ってるが、ん~納得なのかね。
まぁまぁ内容はよかったと思う。まぁあんなにブロンドにせんでもいいが
1回見る分はいいと思う。 でもアンジェリーナはやっぱり黒髪の方が似合うなぁ
ローリングストーンズの曲を歌うシーンは自分も口ずさんでた

c0000918_9255856.jpg
[PR]
by nature_masu | 2005-02-25 09:26 | 映画(は行)

Oh my god!!!!

やばいの発見!やばいの発見
会社の同僚が見つけたんだけど
北海道、3泊4日で 朝食3回 昼食2回 夕食3回付きで
もちろん航空券&ホテル付きで
な、な、何と31,500円!!!

福岡発だけど、この金額ありえません。
3月の3連休使って、あと1日休み取ればいいし
行きたいーーーー
でも前週の3月11日~13日まで沖縄旅行だし。。
今週も海外行ったばっかしだし
お金がない!!

でもこの価格魅力的だと思いませんか???
旅行の血が騒ぐ
これこそ目の毒ですね!
金くれー
[PR]
by nature_masu | 2005-02-24 16:32

蚊いー

まだかゆみが取れん

昨日蚊に刺された数を数えてみたら

22個刺されてた。足やら手やら。

ムヒを携帯してる状態!

こんなに刺されたことないし一日中かゆみと格闘です
[PR]
by nature_masu | 2005-02-23 09:30

久々の投稿、しかし

旅行4日目から体調が優れず、昨夜病院に行って
薬もらってきました。
さすがに今日は休めなかったので頑張って出勤。

4日目から今日の朝にかけて吐き気と下痢が止まらず
食事もほっとんどしてないし、水分もあまりとってなくて
とりあえず、家に帰って、地元の病院に行きたかったので
何とか帰ってきました。
帰ってソッコウ病院に行き診察してもらったら
「感染整腸炎」の疑いがあると言われ
2日間下痢が続くならば、検査して下さいまで言われたし!

原因は、生水(ペットボトル)、生の食べ物、海での遊びすぎで海水を
多く飲んでしまった事。らしい。。。
下痢が止まればいいですが!


でもとてもいい旅行でした(体調不良を除けば)
フィジーの人達は本当にいい人達で、優しいし、気遣いがあるし
本当に穏やかで、funny&friendlyで常に笑っています。
本当に行ってよかったと思います。
貴重な体験も数多くできましたし、色んな人と話して仲良くなりました。
久々英語をたくさん話した気がします。残念なのが、私に英語力がなく
もっともっと沢山話したかったなと思いました。


元気になったらじゃんじゃんレポートしていきたいと思います。
蚊に刺されまくって、かいーーー(T_T)
[PR]
by nature_masu | 2005-02-22 18:28

フィジー5日目 最終日

朝目覚めても体調は全然よくならない

チェックアウトが7:30分だったので、急いで荷物の整理をし
ロビーに向かった。
A&E holidaysの方が7:30以降にバスで迎えに来ると言っていたが
ここはフィジー。Fiji time 。8時になってもバス来ないし~
ロビーで横になりながら待ってるけど、全然こんし。。
やっと8時15分くらいに迎えに来て、それから空港に向かった。

空港に着いて、荷物などを預けそれからfree time
ナンディ国際空港は想像してたよりも大きくて、duty freeの店なども数多くあった。
買物する所じゃなかったけど、会社のおみやげも買わなくちゃいけなかったので
とりあえずさっさと買物終らせた。

体調はいっこうに治らず、出国審査の係員に色々話し掛けられても
yeah とか笑顔しか出せず、体調悪そうなの分かるやろ?ってぐらい
かなりsmileで話しかけられて、悪化

しかも姉に眉きりハサミはbodycheckで絶対ひっかる!って前々から言っいたのに
ポーチに入れてたみたいで、ひっかかってるし。。
係員に ハサミ NO!!とか言われて 足止めくらった。

それからまた少し買物して、出発の10:30まで座ってた。


搭乗してからも、席を2つ使いして横になって寝た。fijiにバイバイすることもなく
飛行時間、9時間の間、飲み食いもほっとんどせず、横になってた。
映画で「TAXI」が上映されてたけど、それどころじゃなかった。

成田に着き、国内線乗り継ぎのチェックインして、19:45の福岡行きまで
ちょっと時間があった。母が気を使って空港クリニック行く?と言ってきたけど
あんたの二の舞は嫌じゃーーーと思い拒否。
かなり吐きそうになってきて、やっぱし行こうかな。。と思い、行くも人数多すぎで拒否!

帰りはJAL便だったので、搭乗手続きした時に、グランドスタッフの方が気を使ってくれて体調悪いなら最後に乗られて下さいと言ってくれた。
母が、マイル登録してあげよっか??と言ってきて、いや、ネットでするからいい。。。と思いつつ結局してもらったけど、あなたそこANAのマイル登録機ですから。。間違ってるし。

飛行機に搭乗後、今度は席を3つ使いで横になって定刻通り福岡まで着いた。

帰りはタクシーでもよかったんだけど、スーツケース3つも入らないから行きと同じで電車で帰った。地元の駅に着いて、姉が先に車で迎えにきてくれたんだけど、車に雪積もってた!そう21日は福岡は大雪!びっくりした。

家に着きすぐ病院に行った。診察でちょっと恐面の女性の先生に

生の水飲みました?・・・・・・・はい

生の食べ物、フルーツとか食べたしょ?・・・・・はい

下痢は白いですか・・・・・・はい

など全部該当してるしー先生曰く、感染整腸炎になってるらしく、今日から2日以上
下痢が続くなら検査しに来いとな。。。
それから薬もらい家に帰った。

もう既に1時過ぎだし、明日は仕事だーー
[PR]
by nature_masu | 2005-02-21 09:14

フィジー 4日目

今日こそは日の出を見ようと、昨日よりも30分早く起きた。
起床は5時
5時に起きて、6時ぐらいの日の出に間に合うように急いで準備をした。

5時半になってもまだ完全に出てはなく、ビーチのイスにじっと座って
波の音を聞いていた。誰もいないのでプライベートビーチの様。
波の音が心地よいし、海も綺麗だし緑も綺麗。
ちょっと曇ってたので、今日は難しいかな?と思って一旦部屋に戻った。
そしたらすぐ日が出てきたので、急いでビーチに戻った。
日が昇るのは本当に早い!これでフィジーの日の出と日の入りを見ることができた。

その後、体調が悪い姉を残して母と私は朝食に行った。
私も体の具合が完全とは言えなかったので、パイナップルとヨーグルトだけ食べた。

その後チェックアウトをし、ボートを待った。

今回このトレジャー島で大変お世話になった方がいる。日本人staffのYさん。
唯一の日本人staffだったので、特に母は仲良くなってたみたいだ。
とても優しい方でもうずっとトレジャー島で働いているらしい。

迎えのボートが到着後、別れの挨拶としてstaffの方何人かがお別れの歌を歌ってくれて
ボートに乗り込んだ後、もずーーーと歌ってくれてた。
本島にこのトレジャー島に泊ってよかったと思う。 ありがとう という気持ちでいっぱいだった。



その後、行きのクルーズボートと同じでその後も色んな島に向かって、本島に帰る人達を
ピックアップしていく。その途中、映画「キャストアウェイ」の舞台になった島
キャスタウェイ島(フィジー北西部にある諸島の中の"モヌ・リキ"という無人島
)を見ることができた。
前にもブログで言ったが、私はこの映画が大好きで、今回はトレジャー島に泊ったけれど
まさかこのキャスタウェイ島を見る事ができるなんて思ってもいなかった!

映画を見ていたので、何となく分かったが、今は立派な宿泊施設に変わっていてびっくりした。でも島なのでやっぱり面影はある。映画の音楽が頭をよぎった。

結局、本島までは2時間半かけて、離島を周った。

最初のデナラウマリーナに着き、A&E Holidaysのスタッフの方が待っていた。
荷物をバスに乗せてもらい、今度は今日宿泊のシェラトン フィジー リゾートへ!

c0000918_13574952.jpg
シェラトンに着く頃には姉はすっかり元気を取り戻し、今度は次第に私が気分悪くなっていた。
チェックインを澄ませ明日のチェックアウトの時間やホテルの施設の事を聞き、いざ部屋へ!

c0000918_13582835.jpg
さすがにホテルなので部屋の中も色々な物がそろっていた。
荷物の整理をし、ホテル内のショップへ御買物しに行った。

c0000918_1512382.jpg
旅行会社の方から聞いたが、フィジーでは土日、スーパーなどのお店が開いていらいらしい!すっごいびっくりした(>_<)彼曰く「土日に働いてるのは、私達旅行会社か、航空関係かホテルぐらいですよ~」らしい、地元のスーパーに行きたかったのでかなり残念だった。


おみやげは、フィジーの有名なRENIU (レヌイ)のセットや地元のお菓子、アクセサリーなどを買った。
そしたら、母が姉とおそろいでプルメリアの花のピアスを買ってくれた☆

部屋に戻り部屋で休憩したけど、その頃も気分が悪く、夜ご飯いけるかなーと思った。
今日のディナーはディナークルーズでフィジー人の祖先メラニシア人が大昔、初めて上陸したと呼ばれる「ファーストランディング」でロブスター料理なのに・・・・


その後も気分が晴れぬまま、ディナークルーズへのバスに乗り込むことに。
今度もまたデナラウマリーナに行き、船に乗る前にディナーチケットを渡し受け付けをした。
が、ここで事件勃発!!何と間違った迎えのバスに私達は乗り込んでしまい、マリーナで待たされることに。今回のディナーは私達が行く予定のスターライトディナークルーズと間違えてしまったキャプテンクックズ ディナークルーズの2つで、そのキャプテンクックのに乗り込んでしまったのだ。キャプテンクックのstaffの人は後からタクシーが迎えにくるから、ここで待っててちょうだいね、と言ってきた、しかし待っても待ってもこない。。。。

そしたら、何と同じ全く関係ないマリーナに停泊してるNZの会社の「Coral Cats」という会社の方がファーストランディングまで船を出してくれることになった!そのキャプテンは何かアメリカの気のいいおじさんという感じ。俺は問題ないぜーみたいな感じで、結局Coral Catsの船に乗り込んだ!

Coral Catsはデナラウマリーナから船を出し、1日かけてドルフィンツアーに行くというのをやっている。キャプテンは快く了解してくれて、雨が降ってきたから急いで乗りな~っと行ってきた。その船も船で何か金持ちが乗るような感じの船で、私達家族は、本当にいいと?マジで????みたいな感じだった。後でデジカメの写真で紹介するが、すごくいい船に乗せてくれた。しまいには飲み物まで出してくれて、かなりお世話になった。

何かすごくいい経験をしているような感じがした。こりゃバス乗り間違えてよかったな!という感じ。一生できない経験をしたような気がする。キャプテンの他に若い男の操縦士、女性の方もいた。この女性がハル ベリー似でとってもかっこよかった!!

ファーストランディングに着くまでの間、キャプテンと仲良くなり色んな事を話した。
自分の船の事、フィジーの事、私達の事、家族の事。彼はすごくいい人で
巡り合えた事を私は感謝した。

ファーストランディングに着き、彼らと別れて、レストランの人が待っていてくれた。
そこのマリーナは大きな別荘が建ち並んでいて、個人の船がたくさん停泊してた。
まさに、なんつーの、金持ちの世界!
が、すでに私は体調不良&極度の船酔いで気持ち悪くなっていた。

レストランに着いてメニューをもらっても気分がすぐれず、とりあえず頼むことにした。
前菜、ロブスター料理、メイン&デザート
しかも料理が出るまでかなり待たされ、この間!この時に蚊にさされまくったのだ(T_T)

前菜で頼んだシーザーサラダが来て、大きさにビックリした!これ前菜っすか。。。
2口ぐらい入れるけども増々気持ち悪くなり、水をかなり飲んだ。
ロブスターが出てきた時は見ただけでもう吐きそう。しかもこのロブスター、
これ冗談でっか??というぐらい馬鹿でかいし。写真とっとけばよかったぁー

もう我慢できず席を立って、別のイスで座って休憩した。

テーブル担当の女性がかなり気を使ってくれて、大丈夫?何かいらない?トイレは大丈夫?横になる?マネージャーと話してくるから!とかなり優しい人。
グレープルーツとかは?と色々気遣ってくれて半泣きしてしまった。

一人で休んでるとミュージシャンの方が話し掛けてきて、いや気分わるいんすけど。。。とか思ったけど一生懸命話し掛けてくるので、話した。

結局母と姉もメイン料理をカットし、デザートを食べ、私の所にやってきて、タクシーでホテルに帰った。

部屋に戻ってすぐ、シャワーを浴びてソッコウで寝た。フラフラして足元もふらついて、頭も痛いし視界も悪いし熱が出てたと思う。夜中何回も起きて、下痢はするし、吐き気は止まらないし
最悪な1日になった。。。あぁ思い出すだけで気持ちわる
[PR]
by nature_masu | 2005-02-20 09:28

フィジー 3日目

フィジーの朝は早い
日の出は6時ぐらい、ちなみに日の入りも午後6時くらい
早起きして、日の出を見たかったけど、起きた時にはもう完全に太陽が昇ってた。
フィジーは朝の8時くらいからとっても暑い。特に離島はね

c0000918_1735984.jpg
朝ご飯を食べる準備をしてレストランまで急いだ。
今日も快晴だったので花や木などの植物がとても綺麗。
ハイビスカスやプルメリアの花がそこら中に咲いていた。

朝ご飯はバイキング形式で、内容も豊富
全粒粉のパン(フィジーでは全粒粉のパンが普通?)クロワッサン
シリアル、ベーコンやビーンズやエッグ、それに数々のトロピカルフルーツ

前日の夕食が口に合わなかったので朝ご飯大好き人間としては嬉しくて
モリモリ食べてしまった。今日ダイビングするからいっぱい食べんとね~とか
言い訳して 笑
staffの方がよくお皿を下げてくれたり、飲み物を注いでくれたり
本当にトレジャー島のstaffの方は気遣いが多く優しくておもしろい。

お腹もいっぱいになった所で部屋に戻りダイビングの用意をする事に
おかんは目を怪我してて海に入れいしましてやダイビングなんて以ての外
なので母はスパに行き、姉と私はダイビングへ


c0000918_17212074.jpg
c0000918_1154841.jpg
トレジャー島のダイビングのショップに行き、申し込み用紙に名前などを書き込み、実際にダイビングをするトレジャー島からも見えるビーチコンバー島(Beachcomber Island)にボートで向かった


ビーチコンバー島には日本人のインストラクターがいて、その方に教えてもらう事になった。彼は東京生まれの石垣島育ちで、フィジーの前はオーストラリアでダイビングをしていたらしい。もうフィジー人になってるのか、笑顔がとても素敵で、この人なら信用してもいいなと思えた。
私は以前にサイパンで経験があったが、それでも不安不安不安だったので真剣に説明を聞き、プールでの事前練習も必死にやった。

事前練習も終り、実際ボートでダイビングスポットのジャッキーズリーフに向かった。
サイパンでダイビングをした時にはビーチから海まで歩いて潜ったのだが
今回はボートで移動して海に飛び込んで潜るというパターン。
3,2,1で鼻をつまんでバックで潜ったのですごく緊張したが大丈夫だった。

海底まであるロープをつたって、耳抜きも忘れずに何回もした。
そしたら、そこにはすごく綺麗な世界が広がっていた!!
海の蒼さはもちろんの事、無数の魚達がいっぱい泳いでいた。
名前はいっさい分からなかったけど、本当に違う世界にきた!という感じ。
それから色んな所を泳いで色んな魚を見た。
インストラクターの方が先導してくれるので安心だったしもう恐怖はなかった。

しばらく泳いでいると、何と!何と!あのウミガメがいた☆!!
ナポレオンフィッシュや、カクレクマノミは見れるとは聞いていたが
まさかウミガメが見れると思わなかったので一人で興奮した 笑
姉にもかめかめかめ!!とか言えないので手で亀の真似をして教えた。
後から聞いた話だけど、ウミガメを見れるのはほっとんどなくて
すごく偶然らしい。それが嬉しかった。亀は普通に泳いでたけど。。

その後、カクレクマノミ(ファイティングニモ)も何匹かいたし、私はニモ
より、ニモが隠れてる磯巾着の方が興味津々で自分の手で触った。
なんか、べたっとしてて指が吸い付かれる感じ。触りすぎると
磯巾着は引っ込んでしまって、それがすごく面白かった!
その後もヒトデや沢山の魚を見ることが出来て大満足だった。
インストラクターの彼は本当にいい人ですごく優しく教えてくれたし
この人にならまた教えて欲しいと思えた
終了後、証明書とTシャツをもらった。


そこのビーチコンバー島で姉のトイレを待ってる間、ドイツから来た
旅行者の人と仲良くなった。彼は、今まで色んな所を旅してきて
アメリカ、カナダ、NZ、OZ、ヨーロッパ、日本、韓国など
アフリカ以外はほっとんど旅してきたらしい。
そんな話を聞いてると自分もやっぱり行けるだけ行ってみたいと思った。

それからトレジャー島に戻り、ランチは抜きで母と3人でビーチで遊んだ。
確か2時から~6時ぐらいまで海に入りっぱなしで、せっかくだから
夕陽が沈むのを見てから戻ろうということになって、頑張って4時間
ずーーーと海にいた。陽が沈むのはとても綺麗で、最後に
Bye-bye----フィジーと2人叫んだりした。

まさかこの長時間海に入ってた事が体調を崩すなんて思ってもみなかったけど 笑

部屋に戻りシャワーを浴びて、夕食にLet's go!
今回の食事は前日と違って、ビュッフェスタイルだったので
調子に乗っていっぱい食べてしまった。中華や洋食、まっ日本食は
なかったけど、もりもり食べてしまった。
食べ過ぎでお腹痛くなって、姉は下したけど。。。

今日はトレジャー島最後で、明日本島に戻る時間が早いので
荷物の整理をして早く寝ることにした。
[PR]
by nature_masu | 2005-02-19 11:35