カテゴリ:映画(あ行)( 43 )

同じ月を見ている

窪塚洋介、エディソン チャン、黒木メイサ(2005年)

禁映第一弾!という事で楽しみにしていたこの映画を観に行ってきました。

あの事故からの復帰作という事でどういう演技を見せてくれるんだろうと思い今回は予告編も見ず予備知識なしで行きました。最近予告編見て結末想像しちゃってバッチリ当り映画の楽しみが無くなることが多々あったので・・・

ストーリーについては詳しく書きませんが、やっぱり窪塚君は以前と変わらぬ演技でした。ずーーと思い悩み続けてきた心の葛藤を本当に普通に演技していました。やっぱり役者だなーと思いました。

黒木メイサちゃんは確かJJのモデルさんで昔から可愛いなぁと思っていましたが今回のこの映画には合わないんじゃない?と素人的思想で観ていましたが最後の最後でこの人でもよかったなぁと思えました。でも顔がエキゾチックで美人なのに服が全部似合ってなかったな!

エディソン チャン出演の映画を初めてみましたが彼もすごくいい演技だったと思います。念力を使って人の心を読んで、裏の裏の裏をかいて自分が犠牲になり人の幸せを願う・・・あぁこんな人本当にいるんでしょうか・・・顔の表情や目つきで彼の優しさや純真無垢な所を巧く表現していたと思います。最後の作品になったあのオレンジの絵を見たときは心が痛かったですね。優しい人程あんなになっちゃうんでしょう。

あとは何といっても山本太郎と岸田今日子!!この2人が出ていた事により映画がもっと面白くなったと思います。


途中、多々くさい所や「ありえないだろ!!」と思う所はかなりありましたが、あの2人に送った絵を見た瞬間にホロリときました。やっぱり観てよかったな
c0000918_9312672.jpg
[PR]
by nature_masu | 2005-12-08 09:16 | 映画(あ行)

イン トゥ ザ ブルー INTO THE BLUE

ポール ウォーカー、ジェシカ アルバ(2005年)

c0000918_1042272.jpg
楽しみに待っていました。海物だしポール ウォーカーが出演なので内容がどうであれ観に行こうと決めていた作品でした。大会が終って早くも冷めた?プールって事は無いですけど、これを観たら更に泳ぎたい意欲が湧いてくるかなと期待もしており心待ちにしていました。
最寄りのシネコンでは上映されていなくマイナーなの?と思いましたが上映されてる所を探し朝のみの上映だったので頑張って早起きして行ったどー

映画の内容は全体的に薄く、犯人も一発で分かってしまい、自分の中ではもっと凄い展開を期待して観ていましたが、それはありませんでした。なのでこれは置いといて・・・・・

主演のポール ウォーカーとジェシカ アルバについて思った事ですが2人共ドルフィン キックが巧いんですよね。よくあんなに出来るなー(しかも海の中)と思いました。

あとは何と言ってもこの映画の最大の魅力は映像美ですね!
海の蒼い色が凄く綺麗で泳いでる魚や鮫がすごく綺麗です。あ、鮫で思い出したんですけどアマンダちゃんはあっけなく死んでしまいましたね・・・

プールでよくお世話になってるおばちゃんが1年に何度もダイビングされてるらしく、同じジムでもダイビング仲間が結構いらっしゃるみたいです。私が体験ダイビングならした事あります。と言ったら「あんたも早くライセンス取りなさい!一緒に連れていくわよ!」と喝を入れられてしまいました。その前に泳ぎ泳ぎ・・・と思いましたがお言葉が嬉しかったです。

頑張って早起きして観に行ってよかったです。泳ぐ意欲も湧いてきたし、この後スポ店でセームタオルを買っちゃいました。初です。

旅行から帰ってきた泳ぐどー。しかしポール ウォーカーはマジで格好良かったです。
c0000918_9471065.jpg
[PR]
by nature_masu | 2005-11-24 09:27 | 映画(あ行)

エリザベスタウン ELIZABETHTOWN

オーランド ブルーム、キルスティン ダンスト(2005年)

CM予告編ででおすぎです!といつもの様に紹介していて秋だし恋愛映画もいいかなぁと思って気分に浸る気持ちで観に行ってきました。

んーどうなんだろう。最後の結末もあまり納得できなかったしあの2人はあれからどうなったんだろう・・・と自分の中で確信が持てず疑問で終ってしまいました。

全体的に音楽に頼り過ぎているというか、ま映画は音楽無しには成り立ちませんがこれはちょっと違うような気がしました。

最後の方のシーンでオーランド演じるドリューが車の中で”父”に語り掛けるシーンは良かったですけどね。
あとスーザン サランドンが曲に合わせてタップダンスを踊るシーンも好きでした。

想像と違う映画でした。
そういえば私はワーナーで鑑賞したのですが、違う映画を鑑賞した時この映画の予告編があってたのですがオーランドは初めて自分と似てる役を演じることができました・・・とか言ってました!

c0000918_1553042.jpg
[PR]
by nature_masu | 2005-11-14 14:46 | 映画(あ行)

ALWAYS 三丁目の夕日 

吉岡秀隆、堤真一、小雪(2005年)

先々週に観たんですがUPするのサボっていました。

この映画を知ったキッカケはNEWS番組のズームイン!! SUPERで紹介されててアナウンサーの羽鳥さんがゲスト出演でこっそり出てるって事を知ってからでした。
辛坊さんもオススメしてたので早速観に行ってきました。

番組で紹介されてた時に「この映画は泣ける!」「かなり泣ける!」って耳にしていたので期待大で、いつ泣けるシーンがあるんだぁ~♪と楽しみにして観ていました。

結局は私はなけなかったのですが、笑えるシーンは沢山あって面白いです。
特に「文学」演じる吉岡秀隆と、「鈴木オート」演じる堤真一の絡みのシーンは大変笑わせて頂きました。ごちそう様です!っといった感じですかね。

個人的に俳優の堤 真一が好きなので満足でした。

公開時のコピーで「携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。」とありました。
自分の子供時代はこの映画の設定ほど昔ではないんですが思い出してみると外で近所の子供と遊ぶのが一番楽しかったです。

良い意味で昔ってよかったなと考えさせられる作品だったと思います。

c0000918_14455564.jpg
[PR]
by nature_masu | 2005-11-14 14:31 | 映画(あ行)

ザ インタープリター THE INTERPRETER

ショーン ペン、ニコール キッドマン(2005年)

c0000918_10433745.jpg
国連本部で撮影されたという話題の作品。昨日観ました。
最近chickmovieばかり観ていたので、難しい話に頭がついていかず混乱してました。

まず登場人物が多く、背後関係などすぐに理解できず、必死で字幕を追いかけ同時に映像の細かな部分に目を追いやるので大変でした。

ゾーラ、ズワーニその他 敵か味方 誰が味方なのかも分からず結局は2度観ました。

サスペンスだけにバスのシーンは緊迫感があり、ここぐらいから面白くなってきたと思います。

ショーン ペーンの苦悩っぽさは最初は伝わりませんでしたが、最後シルヴィアと別れる時は良い演技してるなぁと思いました。ニコール キッドマン様は相変わらずで、彼女の作品で最後に観たのは「奥様は魔女」だったので彼女の演技にまたまた惚れてしまいました。

育った環境の中で起こった数々の不幸不運、本当に強い人間とは彼女みたく復習に朽ちる事なくこれから自分が生きていく先の人生を受け入れる事なのかなぁと思いました。

久々にこんなに深いサスペンス映画を観ました。サスペンスが御好きな方は是非c0000918_10594294.jpg
[PR]
by nature_masu | 2005-10-14 09:25 | 映画(あ行)

アビエイター THE AVIATOR

レオナルド ディカプリオ主演(2004年)

「ギャングオブニューヨーク」に続き、ディカプリオとマーティン スコセッシ監督
これも大々的に宣伝されていたので非常に気になった。アカデミー賞も見てたし。

勿論ハワード ヒューズという人を知らなかった。でも今迄も実在の人物を取り上げた映画は何度も見てきたので今回も大丈夫だろうと思い思いDVDを借りてみたが・・・

眠かった。寝てしまった。しかも母親との関係もいまいち掴めなかったし、何故潔癖症になったのか。

近頃の映画では3時間近い上演というのは増えてきて慣れたけど、これはそれ以上の時間を感じさせられた。物語に引き込まれなかったのもあると思うけど。

ディカプリオの眉間のシワ具合がよかった。あと個人的にケイト ブランシェットが好きなので、それは良いとしよう。
c0000918_14262340.jpg
[PR]
by nature_masu | 2005-09-22 13:52 | 映画(あ行)

オペラ座の怪人 THE PHANTOM OF THE OPERA

ジェラルド バトラー、エミー ロッサム共演(2004年)

c0000918_17524595.jpg
The Phantom Of The Opera is there~

やっと借りました。見て後悔しました。何故映画館に足を運ばなかったんだろぅと、かなり自己嫌悪になっております。
DVDでも映像と音楽が素晴らしかったのに、館内で見たらどんだけ凄かったか!

実は恥ずかしながら私、ミュージカル版も見た事なくて今回見たのが初めてでした。テーマ音楽やシャンデリアが落ちる事、ファントムの事などは少し知っていたのですが、映画が初めてなんて恥ずかしくてあまり言えないです(汗)

しかし自分は大の映画好きなので映画から入るのもアリかなとも思ってます。


話の方に行きますが、ジェラルド バトラーを知ったのは「タイムライン」以降でした。それ以後の作品はチェックしてたのですが、今回ファントム役を獲得したということで、どんな風なんだろう~と思ってました。

確かに悲しみは感じられましたが、そこまで悲愴な感じはしませんでした。どちらかというと怒ってばっかりの印象でした。ですがクリスティーヌの事になると必死に注意を引かせようとする所なんかは子供っぽいというか長いこと暗闇の彼の世界だけでひっそりと暮らしてきた様が伺えたと思います。
現実的に言わしてもらえば、あの家具は毎月20万フラン(だっけか!?)もらってるお金で買ったのかな!?と、、どうやって運んだんだ~と考えてました。とくにあの貝殻のベッドなんか・・
そしてベニスみたいな世界の水。ありゃ臭そうだな。とか。

彼の世界の中で家具の他にクリスティーヌのマネキンor人形がありますが、あれ見たらストーカーみたいでした。でもまぁ彼女に音楽を教え、歌う事を教える事がファントムの生き甲斐だったのかもしれませんね。執着する気持ちは分かりますが

彼の子供時代のシーン時は「バットマン ビギンズ」のスケアクロウ思い出しました。。

クリスティーヌ役のエミー ロッサムは演技共に歌もすごくよかったと思います。声が綺麗でした!彼女でよかったと思います。歌唱力が凄い。驚きでした。

カルロッタ役のミニ ドライヴァーは久々に見ました。人気と喝采が生き甲斐の役をすごく上手に演じていたと思います。単純で可愛かったです(笑)

衣裳や宝石もすごく綺麗でした。キラキラしてましたねー


ちょっと長くなり、ネタバレ満載の記事になってしまいましが、
私が一番好きなシーンは、始めと終わりのシーンです。

どちらも白黒の映像で、特に最後のクリスティーヌのお墓の前でラウルがお猿のオモチャを置くシーン、それとお墓の隅にファントムが置いたと思われる、1本の薔薇のシーンですね。

あの薔薇を見て、ファントムも実は純粋なんだなと思いました。あれはちょっと私みたいなロマンチストには心痛いですが・・

悲しいですね、自分の欲望の為にあんな風になってしまって。もっと素直に自分に正直にクリスティーヌに気持ちをぶつけてたら結果は違ったのかもしれません・・・・
と、ミュージカル版を見た事がない私は思いました。

本当に映画館で見たかったです。残念

c0000918_17521376.jpg
[PR]
by nature_masu | 2005-09-07 16:41 | 映画(あ行)

奥さまは魔女 BEWITCHED

ニコール キッドマン主演(2005年)

公開初日に見に行ってきました。ラブ コメディを映画館で見たのは初めてでした。
普通はラブコメを見に行かないんですけど、エリザベス モンゴメリーの「奥様は魔女」をTVでよく見ていたので興味があったのです。しかもニコールだし。

サマンサ演じるニコール キッドマンは昔の彼女の様々な役から考えたら、こんなのもやっちゃっていいの!?という印象を受けていた私でしたが、これは彼女にぴったりでした。

結構キュートな役が似合ってて、ニコールらしいサマンサを演じていたと思います。特にダーリン(ウィル ファレル)から教えてもらった目を左右に動かすシーンやもちろん鼻をピクピクさせる所など。

マイケル ケインも最近よく見ますが、サマンサの父親にぴったりでした。いい味出してましたよ。

話は外れますが、私は結構魔女にまつわる話が好きで映画でもよく見ますが、ニコールは「プラクティカル マジック」でも魔女役をしてましたね。今回の「奥さまは魔女」で、サマンサはいい魔女よっ!と言っていましたが、いい魔女と悪い魔女の区別は・・・?

2時間の上映でしたが、最初から話にすんなり入れて結構時間が早く経ちました。
最後はえっそんな終わり方なんだ~と思いましたが、それでも私は結構笑ったし、見て損は全然しませんでした。

魔女好きやニコールファンなら絶対御勧めな作品です。

c0000918_1005444.jpg
[PR]
by nature_masu | 2005-08-29 09:36 | 映画(あ行)

アレキサンダー ALEXANDER

コリン ファレル主演(2004年)

何か眠かったです・・・
予告編がすごかっただけに期待して借りたら・・
c0000918_10261289.gif
[PR]
by nature_masu | 2005-08-22 10:17 | 映画(あ行)

宇宙戦争 WAR OF THE WORLDS

トム クルーズ、ダコタ ファニング、ミランダ オットー他(2005年)

噂には聞いてて、予想通りって感じでした。
なのでダコタちゃん目当てで見に行きました。

最初の方は面白かったんですが(トムが父親ぶりを発揮するぐらいまで)段段意味の分からない展開に疑問を持ち始めました。

でも圧倒される映像や、トライポッドが地上から出てくるシーンなどはかなり迫力がありました。
車で走ってる時に車を奪おうとうする他の人達がリアルでした。あぁいう状況になると誰でもあんな風になってしまうんでしょうか・・・

あの血を吸い取る意味が分からんし、まっ宇宙人のする行動だから全部理解しようとは思わないけど・・

やっぱりダコタちゃんはいい演技でした。今回はちょっと今迄と違った役で天才子役を発揮してました。LOTRに出てたミランダ オットーも出てましたね。

んーあんなに宣伝活動してた割には不満がかなり残る作品
まっスピルバーグだからしょうがないけど、もっと違った展開やストーリーで満足させられたんじゃないかな?c0000918_107266.gif
[PR]
by nature_masu | 2005-08-22 10:01 | 映画(あ行)