「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:映画(は行)( 50 )

V フォー ヴェンデッタ V FOR VENDETTA

ナタリー ポートマン、ヒューゴ ビーイング(2005年)

Remember Remember, the fifth of November

いやぁ。ナタリー ポートマンが大ファンなのでこの作品だけは映画館に観に行こうと決めていました。何があっても・・・

実際拍手物でした。あのラストシーンの議事堂の爆破のところで感極まって一人で立って拍手したいくらいありましたもん。

まず扱ってる内容が良かったです。政治的題材を使ってるし、なんか変にリアルで近い未来に起こりそうな出来事だったし、イギリスを主にもってきる所も変に共感持てた。
あと「V」を何かの象徴をいうかそれに向けて一緒に何かを変えるみたいな所もすごく私は純粋に惹かれたな。あとイーヴィーが成長していく姿、Vによって彼女も一人の人間として変わって芯の強い、揺ぎ無い精神を持った人間になったところもすごく憧れました。

文学的、芸術的要素がすごく高かったし、アクションもさながら、あの地下鉄でクリィーディーを殺す所のVの台詞「my turn」っていうところもかっちょえー、みたいな。

あとはチャイコフスキーの1812の祝曲序曲ですね。イーヴィーがいうように正にVの曲の様でした。特に最後の爆発の盛り上がりのところは自身鳥肌が強烈にたったし、映画と音楽は切り離せないな!と再確認された映画でもあったと思います。あぁやっぱクラシックていいな本当。

ストーリーの展開、アクション、音楽、結末、全ての要素がうまくまとまっていた最近では珍しく面白い映画に出会えたと思いました。

c0000918_21414441.jpg
[PR]
by nature_masu | 2006-05-27 12:58 | 映画(は行)

星になった少年 Shining Boy & Little Randy 

柳楽優弥、常盤貴子(2005年)

c0000918_16213229.jpg
DVDを待ってました。
普通に感動しました。特に祖母役の賠償美津子がすごく好演だったと思います。

柳楽君は「誰も知らない」よりもかなり背も伸びて成長してましたね。

たまに笑いもあり、特に哲夢がトラックにひかれた時、ランディやミッキーを含め象達が叫んでいた時には一番泣いてしまいました。

人が亡くなってから気づく事って本当によくあります。本当に。

ポーが小象に「テツ」と名づけていたのもよかったですね。
[PR]
by nature_masu | 2006-02-13 09:45 | 映画(は行)

フライトプラン FLIGHTPLAN

ジョディ フォスター、ショーン ビーン(2005年)

母は強し

ジョディ フォスターの娘の為なら危険など省みない姿に圧倒されました。彼女の演技力っていうか顔の表情や目頭、シワ(失礼)まで緊迫感が伝わってきて、やっぱり役者だなぁ。と。
途中貨物室に入ってジュリアを探すシーンなんか一瞬ホラーに見えるくらいすごかったし。

彼女の演技とは裏腹に最後のオチ?〆が悪くて、犯人が分かるまではおもしろかったのに・・・残念!

あと自分なら前や横や近くの乗客は確認するっていうか自然に目に入る気がするけどなぁと思いました。と航空保安官と名乗るなら最初からID見せないよ。

最後まで謎が多かった映画でした。

c0000918_14454870.jpg
[PR]
by nature_masu | 2006-02-02 14:22 | 映画(は行)

ハイド アンド シーク 暗闇のかくれんぼ HIDE AND SEEK

ロバート デ ニーロ、 ダコタ ファニング(2005年)

c0000918_14211830.jpg
可愛い可愛いダコタちゃんの作品

サスペンス系は好きだけど、ちょっとホラーなわけ?みたいなサスペンスは不得意なのでDVDまで待ってました。

ですが、もうね、すぐ犯人分かちゃって楽しめませんでした。最近こういう系の作品が多いような気がしますが。あと一番怖かったのがエイミーがお父さんに「チャーリーチャーリーチャーリー」って連呼する所。怖かった・・・

やっぱりダコタちゃんはブロンドが似合ってて、デ ニーロが父親の設定は無理があって、ファムケ ヤンセンはいつみても綺麗だな という印象でした。
[PR]
by nature_masu | 2006-02-02 14:17 | 映画(は行)

亡国のイージス

真田広之 他(2005年)

c0000918_1495789.jpg
原作も読んでない私がこの映画をどうこう言うのはこの映画に関しては一歩退けますが、簡単に書きます。

映画が封切りになる前からメディア等で大々的な紹介があって、そこで原作がすごく面白い!という風にしった。実際、職場の人もこの本が大好きらしく、熱く語っていた。

予告編を見て「こういう感じの映画なのか~」とポカーンと考えていたが、実際見て、はっきり言ってあまり面白くなかった。途中でも映画が終っても疑問だらけだったし、謎が多かった。

その中でも印象に残ってるのは先任伍長の千石演じる真田広之と如月 行演じる勝地 涼の交流だった。2人のシーンはすごくよかった。

真田広之は昔から結構好きで、最近は彼の作品を全く見てなかったが、子供の時は大好きな俳優だった。好きな芸能人といえば「真田さん」と答えていたし、それより小さい頃 真田さんの名前が分からなくて母親に「この人名前何ていうと?」と聞いて さなだ を さらだ って聞き間違えて、本当に さらだ さんって思っていた!ハズカしーー!馬鹿馬鹿

これから少しず~つ真田さんの作品を見てみよう。やっぱり「たそがれ清兵衛」かな最初は。


そういえば本を読んだ職場の人の評価は、原作と映画を比較するとしたら、原作の方を果汁100%としたら、映画の方が果汁10%を水でうすーく混ぜたような感じ。と言っていた・・・・
[PR]
by nature_masu | 2006-02-02 13:52 | 映画(は行)

ホステージ HOSTAGE

ブルース ウィルス(2005年)

c0000918_13214199.jpg
母親が借りてきたので途中参加で観ました。今までは「自分ではこの作品は借りないな」と思ってたけど、 ついでに・・・観ました(西遊記我慢して!)

勝手にブルース ウィルスが悪役って決めちゃってたけど警察官の善役だったのですね。こういう役の彼は好きだな~何か人間味があるというか。やっぱり「ダイハード」系の男臭いイメージ(シックスセンスは別)が抜けないが、自分の家族の事になると情が厚くなっておもいっきり泣いている所なんか、珍しいなぁとおもってしまった。

先入観で「これは絶対面白くないな」と決め付けていたので、意外にも普通だった。

でも最後の方でマースがぶっちキレて追っかけてくるシーンやダクトから頭出すシーンとか本気のホラーだった。本当怖かった。。やっぱ苦手だああいうの。お風呂で髪を洗う時もマースのあの恐ろしい表情が頭に浮かんで、急いで洗ったし。

という事で久々にブルースの作品を観たような気がします。あの弟役の子が可愛かったな。
[PR]
by nature_masu | 2006-01-24 13:21 | 映画(は行)

ハービー 機械じかけのキューピッド HERBIE: FULLY LOADED

リンゼイ ローハン(2005年)

c0000918_16125170.jpg
ディズニー映画の作品で上映された時は一瞬「暇だし観にいこうかなっ」と思いましたが、日本語字幕のみ上映で観る気失せた作品

まだポッチャりしてた頃のリンゼイ ローハンですが可愛かったです。主人公よりもハービーの表情が凄く可愛かったですね。

ケヴィン演じるジャスティン ロングですが、どっかで見たことあるなーと思い調べて見たらやっぱり!「ノット ア ガール」でブリトニーの最初の冴えない色白の彼氏の役でした。

子供なんかには良いかもしれないですね
[PR]
by nature_masu | 2006-01-04 13:39 | 映画(は行)

ブラザーズ グリム THE BROTHERS GRIMM

マット デイモン、ヒース レジャー(2005年)
c0000918_11194599.jpg
このての映画は大好きなので初日のレイトショーで観に行ってきました。多いかな?と思ってましたが意外にも少なかったです。隣りのカップルの彼氏がビニールの音たてたり我が家の様にポップゴーンをゴリ食いしてるのが非常に気になる所でしたが、

19世紀フランスに支配されたドイツが舞台のこの話。話についてはあまり書きませんが、自分がイメージしていた雰囲気と違いました。もっとシリアスで笑いなんかない映画だと映画のポスターを見て感じていた私ですが、笑いありのコメディタッチの話でした。

グリム童話や中世ヨーロッパに興味ある私には満足のいく映画でした。最初はつまらないと感じつ事が実はありましたが、主人公達が森に入っていく所らへんから良くなってきたと思います。最後にはもうちょっと一捻り欲しかった所ですが・・

個人的には結構気になるピーター ストーメアが出てたのか嬉しかったです。しかも面白かったし!あとモニカ ベルリッチは本当に御美しかった。

ネタバレになるので詳しく書きませんが、本の世界を上手く映画で表現してたと思います。気軽に見てはどうですか?私は面白くて結構笑ってました。

c0000918_1162380.jpg
[PR]
by nature_masu | 2005-11-04 10:18 | 映画(は行)

バタフライ エフェクト THE BUTTERFLY EFFECT

アシュトン カッチャー、エイミー スマート(2004年)

c0000918_14534752.jpg
この映画は色んな方のブログを拝見して気になってた映画でした。これも観に行こうと思っていたら公開終了~あちゃーみたいな感じでした。

で映画の感想ですが「エターナルサンサンシャイン」を観たとき感じた衝撃がありました。あの時ほど深くはないんですがダークだけど斬新な持って行き方の映画だっと思います。

人生をやり直したい或いはあの時にこう言ってればよかった、あの時こうしてればよかった等誰でも思ったことがある感情だと思います。たまに、毎日、時々、いつも。

主人公のエヴァン演じるアシュトン カッチャーはそれが可能で生まれ持った才能だった。そしてその才能を使う目的は一つ。愛する人を守りたい、一緒になりたい。

でも彼は優しくて皆が幸せになってほしいと願ってしまい何度も過去に戻って修正をする。

だが思う通りにはうまくいかずケイリーを含め母親や友達が幸せならば自分の想いは諦める。最後ケイリーと初めて出会うシーンに彼女に言った言葉は辛かったですね

がーーーん悲しかったけど、あのエンディングは納得できた。借りたDVDでは他に2つのエンディングが特典で用意されてたけど、私的には劇場版エンディングの方が良いと思ってる。

今思い出してみれば簡単に見れるような浅い映画ではない。気分的に目を覆いたくなるようシーンはある。感想はそれぞれあると思うけど、観てない方は是非!
c0000918_14535953.jpg
[PR]
by nature_masu | 2005-10-24 10:30 | 映画(は行)

ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~  BEYOND THE SEA

ケヴィン スペイシー、ケイト ボスワース(2004年)
c0000918_11555080.jpg

これまた実在の人物、ボビー ダーリンを知らずにこの映画も観ました。前に紹介した「Ray」のレイ チャールズと同じくです。

今回は曲さえも知らず借りました。その理由はケヴィン スペイシーが大好き(演技も含め)という事と、ケイト ボスワースが大好きだから。俳優見たさで借りたんですが。

ケヴィン スペイシーは歌も上手いだなと思いました。因みに監督、製作、脚本も手がけてます。流石に「ペイ フォワード」の時の様な衝撃はこの作品では無かったですが、やっぱり好きな俳優さんだなと感じました。自分のツボにはまる。

ラスベガスのフラミンゴで歌った最後の歌は素敵な曲でした。CDレンタルされたら借りてみようかな。個人的には「Ray」よりもこちらの作品の方が好きです。
[PR]
by nature_masu | 2005-10-17 11:42 | 映画(は行)