パッション THE PASSION OF THE CHRIST

メル ギブソン監督作品(2004年)


私はソファーに体育座りして毛布をかぶってこの映画を見た。
ホラー映画を見るときにするように。

メルギブソンが12年も費やしたのが分かる。目を覆ってしまうシーンがほとんどだったけれども、とても切なくて苦しい。キリスト教信者でもない私でも痛いほど伝わってくる。
メルギブソンが何故こういう流れ、作りにしたのか。
それほど伝えたかった物が十分にあったと思う。
彼の作品は好きだし、彼が出演している映画も大好きだ
でもこの作品だけは違う。
どっちの意味でも心が痛くなる映画だった。
深くは語らないけれども、私は目を背けたいけど何か背けちゃいけないような気がした。
みなさんはどういう風に見ましたか?c0000918_11383953.jpg
[PR]
by nature_masu | 2005-01-24 11:18 | 映画(は行)
<< 10日間で男を上手にフル方法 ... ロスト・イン・トランスレーショ... >>