「ほっ」と。キャンペーン

コロンバインの空に コロンバイン高校事件を乗り越えて Dawn Anna

デブラ ウィンガー(2005年)
c0000918_10432568.jpg
解説

ドーン・アナは一人で4人の子供を育てていた。仕事にも恵まれていた彼女だが、ある日病魔が彼女を襲う。手術は成功するが一から言葉を覚えなければならない状況に。家族に支えられながら復帰する彼女。そんな中コロンバイン高校事件が発生し、娘が殺されてしまう。多くの苦難が彼女を襲うが、もう一度人生に向き合うことを決意するのだった――。 『ボーリング・フォー・コロンバイン』が作られるきっかけとなったコロンバイン高校事件にかかわった家族の実話を映像化


という事で実際の話らしいです。もうちょっと事件の事に関わってると思って借りたのですが・・・
でも悲しくて泣いてしまいました。

えぇ・・と何年前だ。約5年前に自分はコロンバイン高校があるコロラド州のリトルトンという所に2ヶ月ほどいまいした。当時の事件はもちろん知っていたのですが、能天気だった私はまさかあの高校が自分がステイしてる場所の近くだとは知らなくて毎日毎日コロンバイン高校の横を通っていました。

4月20日に朝の新聞を見て、かなり馬鹿は私はホストマザーに不躾な質問をしてしまい、実際ホストの友達があの事件によって亡くなったと聞いて、かなり自己反省したのを覚えています。今でもなんであんな事を聞いたんだろう・・って思い返す事がありますけど。


最近コロラドにいた頃の事をよく思い出すし、一緒に行った最近音沙汰がなかった友達からいきなりメール来たりするせいもあるのか分かりませんが。

ボーリング フォー コロンバインも見てみよう。
[PR]
by nature_masu | 2006-06-13 10:21 | 映画(か行)
<< インサイド マン INSIDE... ダヴィンチ コード THE D... >>