メゾン・ド・ヒミコ

オダギリジョー、柴咲コウ(2005年)

c0000918_13542869.jpg
ブログのお休み中に邦画にはまってました。邦画ってゆうか「オダギリジョー」に・・(笑)何がキッカケで急にこんなに気になる存在になったかは覚えてないけど、今ははまってます。
前は細くて白くてちょっとキモチワルイ・・とか思ってたんですけどね。今では演技もうまいし!化粧させたら綺麗そう!と えらい違いになってます。

と、自分の話はもういですね。映画の話に行きます・・・

DVDを観る前にニュースで紹介されてて、これは面白そうだなぁと思ってはいたんですが、記憶の中から消えてて、たまたまネットで映画のコーナーをチェックしてたときに思い出して借りにいきました。

内容はゲイの話で、ゲイの老人ホームのお話。

何か独特の雰囲気というか、老人ホームの中の時間がすごくゆっくりで本当独特で不思議で自分もそこで生活してるような気がすっごくしました。

実際、沙織(柴咲コウ)の気持ちになれば非常に重い内容だし、暗い映画だと思いますが、それを雰囲気と音楽と人物でやわらげてるようなそんな感じがしました。

老人ホームの建物も素敵だし、ヒミコの衣裳やヒミコの部屋、ホームのリビングの家具をとっても全部素敵で海辺にそびえたつ家に合ってたな

あとホームの人達も面白い人がいて特に「ルビイ」なんか自分のツボでした。気になる人は観てね♪
でもルビイにした事は沙織に言ってたようにエゴかもしれない。でも逆に人間ぽいし普通はそうしたくなるかも?と思いました。

あとはオダギリジョーが凄い魅力をプンプン放ってて洋服から髪型までセクシーでした。やっぱ私ってあんな人が好きなのかなぁ・・吉井さんといい・・あんな服着てる人。本当はちょっと筋肉ムキが好きなんだけど・・ってまた話外れてますね

でも久々にいい邦画を観たような気がした。家族や仲の良い他人に対して色々考える事ができる映画だと思います。私はおすすめします。

※ドヴォルザーグの「母が教え給いし歌」も非常に雰囲気に合ってますよ。私は昔からこの歌が好きでしたが、特にこの映画に合ってました。

c0000918_1495288.jpg
[PR]
by nature_masu | 2006-03-23 13:48 | 映画(ま行)
<< SHINOBI 50回目のファーストキス 50... >>