亡国のイージス

真田広之 他(2005年)

c0000918_1495789.jpg
原作も読んでない私がこの映画をどうこう言うのはこの映画に関しては一歩退けますが、簡単に書きます。

映画が封切りになる前からメディア等で大々的な紹介があって、そこで原作がすごく面白い!という風にしった。実際、職場の人もこの本が大好きらしく、熱く語っていた。

予告編を見て「こういう感じの映画なのか~」とポカーンと考えていたが、実際見て、はっきり言ってあまり面白くなかった。途中でも映画が終っても疑問だらけだったし、謎が多かった。

その中でも印象に残ってるのは先任伍長の千石演じる真田広之と如月 行演じる勝地 涼の交流だった。2人のシーンはすごくよかった。

真田広之は昔から結構好きで、最近は彼の作品を全く見てなかったが、子供の時は大好きな俳優だった。好きな芸能人といえば「真田さん」と答えていたし、それより小さい頃 真田さんの名前が分からなくて母親に「この人名前何ていうと?」と聞いて さなだ を さらだ って聞き間違えて、本当に さらだ さんって思っていた!ハズカしーー!馬鹿馬鹿

これから少しず~つ真田さんの作品を見てみよう。やっぱり「たそがれ清兵衛」かな最初は。


そういえば本を読んだ職場の人の評価は、原作と映画を比較するとしたら、原作の方を果汁100%としたら、映画の方が果汁10%を水でうすーく混ぜたような感じ。と言っていた・・・・
[PR]
by nature_masu | 2006-02-02 13:52 | 映画(は行)
<< ハイド アンド シーク 暗闇の... 久々に >>