ロード オブ ウォー LORD OF WAR

ニコラス ケイジ、イーサン ホーク(2005年)

予定通り年末に観に行く事ができました。30日に鑑賞しました。仕事納めだったので次の日から休みなので気持ちが高揚し、ルンルンで映画館に足を運びました。

色んな方のブログをちらっと覗く程度に見ていましたが、重い映画だという予備知識を備えてはいました。実際見て見ると、可也重いテーマだっと思います。

重いテーマでしたが、鑑賞側には軽いタッチで淡々と話は進んでいきました。銃社会に生きていない私は理解できない部分も多々あり残酷なシーンももちろんあったと思います。バレンタインの様に正義に生き、勧善懲悪型の人間はいてもオチはやっぱりそうなんだ・・・と現実がひしひしと伝わってきました。

ユーリー(ニコラス)とバレンタイン(イーサン)の絡みが面白くて笑えたシーンはそこくらいでした。特にイーサン ホーク出演の映画って「テイキング ライブス」以降観てなかったので、この人はこういう正義感の強い役も似合ってるなぁと思いながら観てました。ニコラス ケイジは相変らず格好良かったです。エヴァ演じるブリジット モナイハンって強い女性のイメージがありましたけど痩せたせいかシワが非常に目立ってました・・・相変わらず美人でしたけどね。
c0000918_11313770.jpg
[PR]
by nature_masu | 2006-01-04 10:56 | 映画(ら行)
<< 悪女 VANITY FAIR 明けましておめでとうございます >>