「ほっ」と。キャンペーン

天使のくれた時間 THE FAMILY MAN

ニコラス ケイジ、ティア レオーニ(2000年)

c0000918_9463855.jpg
最近ニコラス ケイジ出演作品の映画を観る事が多いmasuでございます。この「天使のくれた時間」も前に観た事あるんですが久々に観たくなり借りました。

ニコラスの魅力はたっぷりなんです。贔屓になってますが特にいいパパぶりを発揮してる所から味が出てきたなぁーと思いました。何か食べ物の解説になってますが・・・長女のアニーと外でじゃれ合ってるシーンがよかったぁ

ま、ニコラスもなんですが特によかったのは奥さん演じるティア レオーニでしたね。母親だけど少女の面を忘れてない。特に「子供が寝たわ!」とか言う所なんか可愛かった。あと結婚記念日のプレゼントとを待つ所なんか。

この映画の結末はありきたりな終わり方じゃなくて、普通だったらあそこで結婚!という形になっちゃうんだろうけどあのラストにしたのはすごく好感が持てた。自分が望む物に努力して努力して可能性を掴む所に共感持てた。しかも空港のカフェのシーンは凄く綺麗だったし!

とりあえずやってみないと何も変わらないんだなーと。まさか映画を観る前はこういう感想を持つなんて思わなかったけど・・・笑

① ウォール街で働き周りから見たら羨ましがられるお金に困らない暮らし
② 家族を一番に考えお金に困っても愛がある暮らし

幸せっていうのは本人がどう思うかであって周りが考える事ではないのかも。ジャックにとってはケイトという人が一番大事だったんだろうな。

久々にいいファンタジー映画を観ました。
[PR]
by nature_masu | 2005-10-25 12:00 | 映画(た行)
<< レモニー スケットの世にも不幸... NANA >>