NANA

中島美嘉、宮崎あおい(2005年)

やっと観に行ってきました。ここまで辿り着くのが長かったです。同僚と観たいと話してはいたんですが日程が決まらずにいました。

観た人からは原作のイメージが強いので観ないほうがいいと言われてましたが、そんな事も払拭すべく行きました。

似た感想になると思いますが、しんちゃん・・・・あれは有り得ません。私は矢沢あいの大ファンで第1巻が発行された当時から自称ファンでしたが、やっぱり漫画の綺麗なイラストのイメージがどぉーーーしても脳には植え付けられていて置き換えて観てしまいました。

しんちゃん・・・背は高いし、目は小さいし、ハーフぽくないし・・・ウェンツの方が良かったんでない?と思いました。

中島美嘉&宮崎あおいは見事にはまってました。あとノブも。俳優として活躍してますからね。

続編は平成19年公開という事を小耳に挟んだんですが、そんなに待たせる映画でもないと思います。せめて来年公開ぐらいにしたら・・・

ま、原作の方が終ってないですから個人的には原作を楽しみにしていきたいと思います。

話は外れますが映画中に演技してるとしか思えないくらい泣いている人がいたんですよ。最初に泣き出したのは章司のバイトが終るのを待つあの切ないシーンだったんですね。あぁこういう経験があったのかぁと思いフラッシュバックで泣いているんだなと思ってたんですが、違ったみたいで「そこで泣くかい!?」って所で何度も泣いてたんですよね。私はこの映画では泣けませんでしたけど、人によっては泣けると思います。でもあの人は絶対演技でした!わざと鼻をグスングスン言わせたり、ブリッコですね。はっきり言って他の人の迷惑でした。おかげで集中できなかったし。しかも劇場狭いのに・・・我慢できなかったので映画終了と同時にジロリと半睨み&半笑いしてやりました。悪っ
c0000918_1528538.jpg
[PR]
by nature_masu | 2005-10-24 15:19 | 映画(な行)
<< 天使のくれた時間 THE FA... バタフライ エフェクト THE... >>