フェイス オフ FACE/OFF

ニコラス ケイジ、ジョン トラボルタ共演(1997年)

劇場で見たのにも関らずどーしても「ナショナル トレジャー」を見たくなって借りて何度も見ました。んで大好きなニコラス ケイジに関連してまたまた見ちゃいました「フェイス オフ」

1997年とはこれも結構昔ですね。これは多分30回以上見た自信はあります。
何でこんなに好きなのか考えたんですけど、派手なアクションシーンが多々あり見せ所は沢山あるのに人間味というかヒューマンドラマも兼ねているからだと思いました。

ジョン ウー監督だけに白い鳩が使われてるんですが、あの教会での葬儀のシーンは凄く印象に残るシーンだと思います。

ディートリッヒの家でアーチャーが無茶苦茶な侵入した時、アダムが「over the rainbow」を
聞いてました。最初見た時は何て感動的な美しいシーンだ!と思ってたんですけど、昨日久々に見たら違った意見に到達しました。あれはover the rainbowを流し、映像をスローに見せ銃で打ち合い、殺し合いを美化しているとしか見えなくなりました。ま、映画なので、しかもこんな素人に語られたくないですけどね。映画だけにどうやって観客を引き込ませるかだったと思いますけど。アダム君可哀想・・・


アーチャーがニコラスに変わり、ニコラスの顔になってからのニコラス ケイジの演技がすごくよかったと思います。彼は最初のマイケルをメリーゴーランドで間違って殺してしまうところから悪役ぶりが発揮されてましたが、変わってからの演技がすごく良かったです。イヴに病院で初デートの思い出を語る所など、すごい演技で改めてニコラス ケイジって人は凄いなーと思います。
あとは、最後顔を元の顔に戻してもらう時に先生にいった言葉で「傷痕 Scar・・英語が聞き取れない、I don't need anymore」って言う所でジーンと泣けました。

悪役はニコラス(キャスター トロイ)て分かってるんですけど、どーしても顔を取り替えた後のニコラス(ショーン アーチャー)が善人に見えるんですよね。やっぱり演技力でしょうか。

コメントを下さるsleeping cowのchizuさんも大のニコラス ファンですが、久々にこの映画を見て、やっぱりニコラス ケイジが好きだなーと再確認!
しばらくニコラス病が続きそうです。

ちなみにこの映画はキャストも豪華だと思います。c0000918_13512429.jpg
[PR]
by nature_masu | 2005-09-20 13:22 | 映画(は行)
<< 沙粧妙子 最後の事件 キルスティン ダンストの大統領... >>