クローサー CLOSER

ナタリー ポートマン、クライヴ オーウェン、ジュリア ロバーツ、ジュード ロウ(2004年)
c0000918_11483695.jpg
103分があっという間でした。
これが映画に引き込まれるという事なんだろうか。
感動する感情じゃないんだけど~巧く表現できません。

ここまで男女の感情を剥き出しにストレートに表現した映画も珍しいんじゃないかと思う。特にラリー役のクライヴ オーウェンなんか際どい発言するし。

ダンとラリーのチャットの会話でもそうだし、後に水族館でアンナが相手役を知ってるという事にも驚いた。すぐ当てられるものなのか。

真実を求めてたけど、果たして真実=幸せなんだろうか。この映画でもそう思ってしまった。ついていい嘘と悪い嘘は確かに存在すると思うけど、恋愛においてもそうなんだろうか・・・とお子様の私はそう思ってしまう。

アリスは何で名前まで嘘をついたんだろう・・・また裏切られて、別れるのが辛いからだろうか・・・3回見ても理解できなかった。

ダンは鏡を見る度に色んな事に気付いてた。

ゴールデングローブ賞が行われてるときに、助演男優賞and助演女優賞を2人が獲得した時はこの映画を見てなかったので「ふ~ん」としか思えなかったが、DVDで初めて見て納得した。
確かにクライヴ オーウェン、ナタリー ポートマンがよかったと思う。ナタリー可愛い!

最初と最後で流れるDamien RiceのThe Blower's Daughterも映画に合っていたんじゃないかと思う。

最初に街でアリスとダンが出会う所が素敵だった。

まーダンが悪いのかな。弱くて人を信じられないというか。最後のホテルのシーンでもアリスにもう愛してないって言われてたし。弱くて真実を知りたい分、その人の事を全力で愛したい、愛そうとしてるかもしれない。一つ真実を知れば、全部知りたいという欲望にかられてしまうかもしれないけど・・・辛いですな

んー難しい映画だった。だけど斬新で素敵だった。私は好きだ。また見よう

c0000918_11453228.jpg

[PR]
by nature_masu | 2005-09-13 09:38 | 映画(か行)
<< DVDでも鑑賞 コンスタンティン プール30回目 >>