真珠の耳飾りの少女 GIRL WITH A PEARL EARRING

スカーレット ヨハンソン、コリン ファース(2003年)

17世紀のオランダ地方がああいう雰囲気や景色だったのかは疎い私にはさっぱり分からなくて、ただ寂しい感じがした。グリートが使用人として稼ぎに行くシーンからグリートの家の状況がすぐ伺える。

フェルメールとの関係、奥さんの嫉妬、子供からのいじめ、フェルメールの義母からの何とも言えない思い。これに耐えるグリートの姿がよかった。

特にフェルメールとグリートの視線で交わす愛がすごい。あの視線だけで観客側に見せ付けるなんてすごいなーと思った。特にスカーレットの演技が光りまくり。

肉屋の息子を演じたキリアン マーフィも出演してた。今回は怖い役じゃなくて普通の役だったけれど。グリートもフェルメールに会っていなければ彼からのプロポーズを快く受け入れてたと思う。

美術や絵画に詳しくないから、この映画の良さを深く理解できなかったけれどスカーレットは美しく気品があり、グリートという人物を立派に演じてたと思う

c0000918_11365467.jpg
[PR]
by nature_masu | 2005-09-12 11:06 | 映画(さ行)
<< 卒業の朝 THE EMPERO... マジェスティック THE MA... >>