ホワイト オランダー WHITE OLEANDER

アリソン ローマン、ミシェル ファイファー共演(2002年)

この作品は以前からずっと気になっていて、ミシェル ファイファーやレニー ゼルウィガー、ロビン ライトペンなど主役級の俳優達が揃っているということで・・借りてきました。

ストーリーはたった一人の家族、毒を持ったような強い母親が殺人の容疑で逮捕された事により里子として転々とする様になった一人の少女(アストリッド)の成長を表わした作品

どんな感じの映画だろうと思って見ていた私には結構痛くて、現実味があり心にグッサリくる映画でした。

話の内容も書きたい所ですが、長々となってしまいそうになるので止めておきます。

アストリッドの心情が痛いほど伝わってきて、こういう環境に陥ってしまったのは誰のせいなのか?私自身も映画に問いたかったし、アストリッドも問いたかったと思う。

結局は母親に今迄の事、母親が隠している事やいつも気になっていた父親の事など最後に聞き、自分の力で新しい一歩に踏み出すのでした。そして母親もアストリッドを解放してくれるのでした・・・

アメリカの社会問題や現実味のある話で意外に深い内容でした。アストリッドを演じたアリソン ローマンの演技がすごくよかったと思います。

アストリッドはポールと出会えてて本当によかったと思います。ポールにも救われたのかもしれないですね。c0000918_1411330.jpg
[PR]
by nature_masu | 2005-08-29 13:21 | 映画(は行)
<< ブリジット ジョーンズの日記 ... 奥さまは魔女 BEWITCHED >>