「ほっ」と。キャンペーン

宇宙戦争 WAR OF THE WORLDS

トム クルーズ、ダコタ ファニング、ミランダ オットー他(2005年)

噂には聞いてて、予想通りって感じでした。
なのでダコタちゃん目当てで見に行きました。

最初の方は面白かったんですが(トムが父親ぶりを発揮するぐらいまで)段段意味の分からない展開に疑問を持ち始めました。

でも圧倒される映像や、トライポッドが地上から出てくるシーンなどはかなり迫力がありました。
車で走ってる時に車を奪おうとうする他の人達がリアルでした。あぁいう状況になると誰でもあんな風になってしまうんでしょうか・・・

あの血を吸い取る意味が分からんし、まっ宇宙人のする行動だから全部理解しようとは思わないけど・・

やっぱりダコタちゃんはいい演技でした。今回はちょっと今迄と違った役で天才子役を発揮してました。LOTRに出てたミランダ オットーも出てましたね。

んーあんなに宣伝活動してた割には不満がかなり残る作品
まっスピルバーグだからしょうがないけど、もっと違った展開やストーリーで満足させられたんじゃないかな?c0000918_107266.gif
[PR]
by nature_masu | 2005-08-22 10:01 | 映画(あ行)
<< アレキサンダー ALEXANDER ナッティ プロフェッサー クラ... >>