サハラ 死の砂漠を脱出せよ SAHARA

マシュー マコノヒー、ペネロペ クルス共演作品(2005年)


痛快な映画とは聞いてましたが、結構面白かったです。

マシュー マコノヒーが海の男を演じて、あの肉体にはかなり驚きましたが、ストーリー性はあんまりなかったのではないでしょうか?

最初の南北戦争の甲鉄艦テキサスの事がいまいち分からなくて、どうやって消えたのかも最初から謎でした。結局は見つかったんけどね。

あと金貨を目的にしていたのに、最後には車をゲットする為に簡単に人にあげちゃって、それが目的ではなかったんかい!?と思った。

でも全体的に見て、やっぱり痛快だったかな?ハラハラさせられる事はそこまでなかったけれど、ダーク演じるマシュー マコノヒーとアル演じるスティヴ ザーンのやりとりが面白かった!昔からの仲間という感じがすごく伝わってくるし、2人の絶妙のコンビネーションも最高で、本当スカッとしました。ペネロペも可愛かったな。というかスタイルがすごい!

冒険が大好きで小さい頃は冒険家になりたいと一瞬考えたこともあったけど、インディージョンズとかと比べると現代化してて、もうちょっと冒険のひねりが足りなかったとも思える。私的に言えばインディーの方が好きだけれども。

でもこの作品は音楽とも合っててまさに痛快冒険アクションといった感じ。
落ち込んでるときは元気になれるかも。

c0000918_10224811.jpg
[PR]
by nature_masu | 2005-06-20 09:38 | 映画(さ行)
<< Ray/レイ RAY 反省文 ハワイ 山口智子 >>