「ほっ」と。キャンペーン

海辺の家 Life As A House

ケヴィン クライン主演のヒューマンドラマ(2001年)


解説


 それまで自分の好きなように生きてきた建築デザイナーの男が、余命3ヵ月と知り、人生を見つめ直し、自分の家を建て直すことで失った息子との絆を取り戻そうとする姿を描いた感動作。主演は「ワンダとダイヤと優しい奴ら」のケヴィン・クライン。共演は「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」でアナキン役に大抜擢され注目の若手俳優ヘイデン・クリステンセン。
 建築事務所に勤めるジョージ・モンローは42歳の建築デザイナー。父親との確執が原因で、自分の息子ともうまくコミュニケーションがとれなかった。ついには妻にも逃げられ、上司との摩擦から会社もクビになる。挙げ句の果てに医者から余命3ヵ月との宣告を受けてしまう。再婚して幸せに暮らす妻。そしていまだに父を憎み続ける16歳になる息子。ジョージは初めて自分の人生に疑問を感じた。そして、昔からの夢だった自分の家を建て直すことを決意する。最後の夏、ジョージは反発する息子を無理やり手伝わせ、手造りの家を建て始めた……。


感想

泣きまくりました。余命3ヶ月と宣告され、もう後はないと気づき息子と分かり合いたい
気持ちで家を一緒に建てようという父親
サムに愛して欲しいという気持ちだけで、諭し、絆を取り戻した父親 ジョージ

余命3ヶ月と言われたら 自分は何をするか 本当に考えました

この映画を見て家族って何だろって考えたし
家族を大切にする気持ちを学んだような気がします。
最後に夕日が差して完成された手作りの木の家が
映るところは本当に綺麗です
一緒に何かすることで、家族って認識するのかな?
是非是非 見ていただきたい
すごくお勧めの作品です。


c0000918_114142.jpg
[PR]
by nature_masu | 2004-12-29 13:48 | 映画(あ行)
<< やっと今日でやっと スマトラ地震 >>