「ほっ」と。キャンペーン

エターナル サンシャイン ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND

ジム キャリー、ケイト ウィンスレット共演(2004年)

c0000918_14565744.jpg
私、こんな映画に出会ったのは初めてでした。
何と言うか、本当自分の言葉では言い表わせない。

内容は別れた彼女の記憶を消していくという話なのですが、話の展開がすごかった。

ジョエル(ジム キャリー)がクレメンタイン(ケイト ウィンスレット)の記憶を消すことになって、
それが記憶が近い方から消していく、つまり記憶が深い?近い?から消して行く事も面白かった。てか面白いもっていき方だと思った。

あと、どんどん消していって、この記憶は消したくない、こういう楽しいこともあったんだって思い出す所もよかったし、ジョエルの脳の中で2人で記憶の消去から逃げている所も面白かった。
ジョエルの子供時代になり、クレメンタインがメイド役、ジョエルが小さくなりお母さんが出てくるキッチンのシーンとか本当よくて、笑ってしまった。隣りに座ってた女の子も笑ってた。

自分の気持ちから逃げてるジョエル、自分は駄目な人間なんだと思ってるジョエルの気持ちがすごい分かった。何か今の自分とかぶる。勇気がないっていうか。ジム キャリーは本当良い演技だったと思う。ジョエルになりきってた。
序盤の仕事をサボって違う列車に乗る所も共感できたし、food poisoningって言ってたのも。
クレメンタインも可愛かった。自分の髪と同じオレンジのパーカーの事を言ってた時、あの瞬間は最高に女の子だった。しかもオレンジは私が大好きな色なので更に何か嬉しくなった。
ジョエルとクレメンタインのバランスはあってそうであってた。

クレメンタインが自分の事を美人じゃないって思ってて、ベッドのシーンの時、ジョエルと話してた所、あれは美しかったな。美しい光景だった。

キャスティングは正解だったと思う。クレメンタインはケイト ウィンスレットだし、ジョエルなんかは絶対ジム キャリーで大正解だ。あんな人絶対いそうだから。

この作品でアカデミー脚本賞をとったけど、映画見てからは納得です。


実はこの映画は見に行こう×2と思ってたけど、なかなか見にいってなくて、公開最終日に見にいきました。2日(月)の夜だった。最終日だからお客さん少ないだろうと思って一人で行ったんだけど、結構多かった。
まだ一人で映画を見に行くのはドキドキ感があって慣れてないんだけど、周り見回すと私と同じように女の子が一人で来てたりしてて嬉しかった。おじさんも結構一人で来てる。

隣りに座ってた女の子も一人で来てて、自分と笑うタイミングが一緒なのも嬉しかった。
私結構笑う人なんだけど、みんな笑ってなかった。笑えよ!!って感じだけど。
もうこれからは一人でも余裕で映画を見に行けそう。

自分の思った事構わずバンバン書いたけど、こういう映画を見たの初めてで驚きでいっぱいなのです。
公開最終日に行ったのでもう映画館では見れないけどDVD出たら絶対買いたいです。

c0000918_1655549.jpg
[PR]
by nature_masu | 2005-05-06 13:59 | 映画(あ行)
<< 病院報告 ミーン ガールズ MEAN G... >>