コールドマウンテン COLD MOUNTAIN

ニコール キッドマン主演
ジュード ロウ、レニー セルヴィガー 出演
c0000918_165781.jpg

CMで予告編を見て、いつか見に行きたいなと思ってた作品。
見に行ったのは2004年4月30日
みどりの日の次の日
失恋した次の日

みどりの日に失恋して、夜泣きまくって 次の日会社に行く気力がなくて
電車には乗ったものの、なんかきつくて休んで、家に帰っても考えるだけだー
と思って、自分を励ましに映画館に行った。一人で!
そこでちょうどいい時間だったのがコールドマウンテン
なんかちょっと想像はついてたけど、ニコールキッドマン大好きだしこれにしようと思った。

この映画に対しては賛否両論みたいで、私の友達なんか「始まって10で寝てたー」
とか言ってたけど。私は感動した。感動したってゆうより悲しくて泣いた
多分失恋直後で超!感傷的だったせいもあるけど、改めてこの前ビデオで見たけど感動した。


やっぱり女性は強いのかなと思った。監督の アンソニーミンゲラは
エイダというキャラクターには空気を
ルビーというキャラクターは大地を
表現するものだ と言っていた。
私はまさにそうだなって思った。
ルビーと一緒に生活するようになって、エイダは大地の人に変わっていってた
強くたくましく変わった。
エイダとルビーのバランスがいい。2人一緒でこそ彼女達は強いと思う。

エイダが言った言葉の中に印象的なのがあった

I can arrange cut flowers but I can't grow them.
I can embroider but I can't darn.

花は活けれるけれど、育て方は知らない。
刺繍はできても、針仕事はだめ。

終盤、エイダとインマンが山の中で再開するシーンは本当に泣いた。
最後はハッピーエンドじゃなかったけど、何となく納得できる映画だった。

私は映画を見るとき、音楽をかなり重視してる
もちろんこの コールドマウンテンも音楽が素晴らしい。
エイダが弾くピアノは寂しく感じる

今日の朝 コールドマウンテンのサントラを聞いて会社に行く準備した。
c0000918_13524955.jpg
[PR]
by nature_masu | 2004-12-01 11:09 | 映画(か行)
<< サントラ達 Aaliyah >>